トップ 結婚ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

結婚ナビ福岡県 > 御花

御花

御花

柳川藩主立花家 別邸 

1738(元文3)柳川藩5代藩主立花貞俶(さだよし)が、この地に別邸を設たのが始まり。迎賓館である西洋館、100畳敷の大広間、国の指定名勝の松濤園が見学でき、史料館には歴代藩主の刀剣や甲冑などが展示され、その多くが国宝や重要文化財です。

御花:DATA
住所〒832-0069
福岡県柳川市新外町1
電話0944-73-2189
FAX0944-74-0872
URL
営業レストラン 11:00~21:00
史料館 09:00~18:00 年中無休
駐車場有 
マイカー 500円/回
業種会席料理店、郷土料理店、結婚式場、資料館、料亭、レストラン
アクセス(最寄駅)
○JR鹿児島本線・瀬高駅
○西鉄大牟田線・柳川駅
(車)
○九州自動車道「みやま柳川I.C」から国道443号を大川方面に約30分
○長崎自動車道の「佐賀大和I.C」から国道208号を約60分
(その他)
○長崎自動車道の「東背振りI.C」から国道385号を約45分
○佐賀空港から約30分
お役立ち情報【柳川藩主立花家別邸 御花】
風情漂うこの場所に永遠の幸せが降りそそぐ、御花ウエディング、料亭では郷土料理・季節の会席料理を庭園を眺めながらご賞味いただけます。
敷地内には、結婚式場、宴会場、料亭、レストラン、旅館があり、見学の他宴会、食事、喫茶、宿泊も出来る。

御花の地図

福岡県柳川市新外町1 (Sorry, this address cannot be resolved.)

御花の詳しい情報です!

■取扱商品・サービス内容
≪結婚式・披露宴≫ 美しい日本庭園・松濤園を望む「大広間」の他にも、300名が着席でき、盛大な
               ウェディングが叶う「元禄の間」やクラシカルな雰囲気が魅力の「西洋館」と和
               と洋の伝統的な様式美をゲスト数や好みのテイストを選べる。

≪料亭≫ お庭に臨む旧藩主立花家の居室をそのまま小部屋として利用した料亭で、季節の会席料理、
       郷土料理をご賞味下さい。

≪宿泊≫ 和・洋3タイプがあり全20室のこじんまりした料亭旅館です。
       夕食に料亭の会席料理を楽しむ記念日宿泊に、同窓会宿泊に人気です。

≪レストラン・喫茶≫ 団体様の昼食も出来る食事処 対月館、和・洋食レストラン 集景亭、喫茶
              うぃすてりあをご利用いただけます。
       
≪見学≫ 池に松と石を配して荘厳な趣の国指定名勝 松濤園、立花家の歴史を伝える数々を展示した
       殿の倉(史料館)を見学出来ます。 

■付属する設備・施設
座敷

■深夜営業(ラストオーダー 20:30)

■ 国指定名勝 松濤園
元文3年(1738)、柳川藩5代藩主立花貞俶(さだよし)は、柳川城の南西の方角にあたるこの地に別邸を設け、時おり立ち寄っては政務の疲れを癒しました。当時、この辺りは「御花畑」と言われていたことから、柳川の人々は親しみを込めて「御花」と呼ぶようになりました。

明治時代になると、立花伯爵家の邸宅となり、明治43年、立花家14代立花寛治(ともはる)により、迎賓館としての西洋館とそれに続く和館の大広間という当時流行の形式の邸宅が整えられました。大広間に面して設けられた庭園「松濤園」は、クロマツに囲まれた華やかな池庭で、昭和53年に国の名勝に指定されています。

暖炉やランプシェイド、シャンデリアに能舞台。華やかなりし時代と共に歩んできたおもてなしの心がそのままに。
御花は、地元に愛され続けてきた、水郷柳川のシンボルであり、歴史を刻み続けます。



スポンサー広告

ネットショップ広告


結婚ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 結婚式の情報収集

二人が結婚というものを意識し始めた時に考えるべきことはたくさんありますが、やはり最大の感心事は結婚式ではないでしょうか。結婚式をどこで行うかはもちろん人によって異なりますが、一般的には結婚式場を使われる方が多いことでしょう。 もちろん、一口に結婚式場と言ってもさまざまなタイプの結婚式場がありますので、二人の理想通りの結婚式を行うためにはどのようなタイプの結婚式場を選べば良いのか、またどんなロケーションの結婚式場を選べば良いのかを考える必要があります。 現在、結婚式場は実にた

結婚ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。