トップ 結婚ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

結婚ナビ結婚への段取り > 地域の習慣

地域の習慣

地域の習慣の画像

結婚式や結納というのは、古い言い方をすれば家と家との結びつきになりますので、その「家」のある場所によってそれぞれの風習や習慣と言ったものが存在します。地域性、と言い現わしても良いかもしれませんが、それぞれの地域によって、特色を持った習慣が残っているケースもありますので、それぞれの地域に合わせた結納の方法について知り、相手の「家」に合わせることも大切であることを知っておきましょう。

そもそも結納は両家の私的な儀式ではあるものの、結納を交わすことによって正式に結婚をするという約束をしたことになりますので、とても重要な儀式になります。なぜ「結納」と呼ぶのかというと、結婚することによって両家が「結びつく」(結)ことをお祝いし、お互いに贈り物を納め合う(納)儀式であることから「結納」という名前がつきました。

この時にお互いに贈り合うものというのは、昔の習慣であれば、着物や帯、そして縁起物などでありましたが、現代ではそのような着物や帯の代わりに結納金と呼ばれるものを贈るのが一般的で、結納金のことを帯地料または小袖料というような呼び方をするのは、着物を送っていた時代の名残であると言って良いでしょう。このような結納を行う場合には、一般的には仲人を立てて、仲人が取り仕切ることになっていて、両家がどのような形の結納を望むのかにもよりますが、略式であっても結納の儀式の流れというものがきちんとありますので、その習慣に従って取り行っていくことになります。

また、地域によって結納の習慣が異なるケースがありますが、これは大きく分けると、関東と関西で大きな違いが見られますので、相手の方の出身地によっては、自分のところと結納の習慣が異なる可能性がありますので、結納について綿密な打ち合わせを行うようにしましょう。

また、関東や関西以外にもその土地独自の習慣というものが存在しますので、どのような結納を行うのかということは事前に両家で話し合っておく必要がありますし、双方が納得した形で結納を行うことが望ましいでしょう。



スポンサー広告

ネットショップ広告


結婚ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ みんなが幸せな結婚式を

結婚式という、幸せなセレモニーに対しては、みんな大きな夢を抱いていることでしょうし、それぞれの地域性や希望なども考えると、結婚式に関わるみんながそれぞれに「こんな風にしたいな」「こういうのがステキだな」というようなことを思っているのではないでしょうか。 そのすべての願いを、すべて叶えるというのは、たった一回の結婚式ではムリかもしれませんが、しかし、最終的なみんなの願いというのは、二人の幸せをステキな一日としていろどりたい、ということに尽きるのですから、たとえ意見がぶつかり合

結婚ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。