トップ 結婚ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

結婚ナビ結婚への段取り > まずは挨拶

まずは挨拶

まずは挨拶の画像

二人が結婚しようと決めた時に、そのことを報告しないといけない相手は誰か、というのは、もちろんいうまでもなく、当然ながら双方の両親です。ドラマなどでは男性が彼女のお父さんに「お嬢さんを僕にください」と言って断られたりするシーンなどがありますが、そこまで緊迫したシチュエーションになるかどうかはともかく、双方の両親に挨拶に行って結婚の意志を伝えるのは当然のことです。

もちろん、結婚する二人が未成年でなければ、結婚をするのに両親の許可が必要ということはありませんが、これからお互い家族になるのですから礼節を持って、けじめをつけることが大切ですし、とくに結婚するということは、一人前となって新しい家を作るということになりますので、一人前の大人として、きちんとしたマナーや常識を学んでいかなくてはなりません。挨拶に行くというと、やはり緊張してしまうものだとは思いますが、ひとつの節目としてきちんとした挨拶をするようにしましょう。

また、挨拶する相手は両親に対してだけではなく、1番はじめの挨拶はもちろん両親への挨拶ですが、結婚の意志を伝えたら、両親だけでなく兄弟や親族など、挨拶しなくてはならない相手が増えてきます。挨拶と言っても、何か特別なことをするわけではありませんが、やはりこれから末永く親戚関係を結び、付き合っていく相手への最初の、第一印象はとくに大切なものですので、きちんと伺って顔を見せることが大切なのです。

もちろん、遠方に住んでいる親族全員に挨拶に伺うことができないケースなどもあるとは思いますが、そういう時にこそ結婚式はより意味を持つことになり、普段であればなかなか会うことができない親族にも会って正式に挨拶することが可能になるからで、もし結婚式をしない場合にはそれこそ一軒一軒、ご挨拶に回らなくてはならなくなりますので、結婚式というセレモニーは、親戚全体への正式な挨拶とすることができるものでもあるのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


結婚ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ みんなが幸せな結婚式を

結婚式という、幸せなセレモニーに対しては、みんな大きな夢を抱いていることでしょうし、それぞれの地域性や希望なども考えると、結婚式に関わるみんながそれぞれに「こんな風にしたいな」「こういうのがステキだな」というようなことを思っているのではないでしょうか。 そのすべての願いを、すべて叶えるというのは、たった一回の結婚式ではムリかもしれませんが、しかし、最終的なみんなの願いというのは、二人の幸せをステキな一日としていろどりたい、ということに尽きるのですから、たとえ意見がぶつかり合

結婚ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。